年齢ってホントに憎らしいです

歳をとるということは決して悪いことばかりではありません。

しかし、こと女性に限っては悪いことばかりと言わざるをえません。

とどのつまりびくついていた46才という大台に入ってしまいました。

46歳になりとりあえず引っかかることは、結局衰退していく肌のたるみなんですよ。

年輪を取るたびに肌細胞のリボーン機能であるターンオーバーパワーが悪化してきます。

ターンオーバー機能は零時すぎの寝ているところに作用するのですが、日が昇っている間の光(紫外線)の毀損されたセルのしみの根源となっているメラニンを淘汰してきれいな細胞と交換してくれます。

こうした老いの事象は仕方がないと考えていますが、ですから私が昨今導入しようと思っているのが酵素なのです。

酵素は生きとし生けるものがいのちを維持していくのに必須で、空気や水みたいにかけがえのないものです。

私やみんなの体内に元来あるもので、消化機能や代謝促進等の扶助をしてるんです。

そこへ持ってきて基礎代謝をあげる働きもしてくれちゃったりして、ターンオーバーのパワーも支えてくれるというわけです。

とはいえ、酵素ってやつも忌まわしい老化によって40歳を過ぎたあたりからみるみると減りだしてくるらしいです。

そんなわけで酵素の入った食事とかで、意識的に摂っていく必要が出るんだよねぇ。

毎日のスキンケアでは肌の表面から美容成分の取り込みや保湿は可能ですが、内蔵などの細胞の老化を妨げるにはSOD酵素などの取り込みが課題になるんです。

私もそこに早めに察知したので、今後はずんずん年齢より若く見える肌をめざしてやりますよ。

http://oss-allin.xyz/